漫画家志望から挫折した社会人時代

漫画家志望から挫折した社会人時代

紆余曲折有り、マンガを半分くらいあきらめてIT業界に入ったのですが、あいかわらずまだモヤモヤしていました。

でも、ITエンジニアの仕事というのも、やっぱり自分のやりたいことだったんですよね。

 

プログラムとの出会い

小学生の頃にファミリーコンピュータ(ファミコン)ってゲーム機がありました。

そのファミコンの派生商品みたいな感じでファミリーベーシックってのがあったのです。

なんでもそれを使えば自分でゲームが作れるってことで物凄く興奮した記憶があります。

その頃のファミコンと言えば、マリオブラザーズとかアイスクライマーとか。

そんなゲームが作れたらいいですよね。

でもファミコンでさえ中学になってやっと買ってもらった状況で、当然すぐには買ってもらえるわけもありません。

そこで、友達に頼み込んで貸してもらったんです。

でも、簡単なプログラムは組めたんだけど、あまり使いこなせませんでした。。。

結局、説明書を読みながら真っ暗な画面にマリオが横にテクテクと歩いていくというアホみたいなプログラムを組んで終わりました。

でも、とても面白かったですね。

こういうの好きだなあと思いました。

 

MSXとかMSX2とか

そして中学生になりました。

その頃、MSXとかいうプログラムを組めるオモチャがあるということを本屋だかどこかから知りました。

そして、お年玉で「Panasonic」の「A1F」とかいう、数万円したかな、MSX2を高かったけど買った記憶があります。

が!!

それも結局、暗い画面に文字と音を出して紙芝居を作って終わり。苦笑

ファミリーベーシックの時よりひどい。

ああ、もったいない。

でも、そのころはマニュアルを読んでも意味がさっぱりわからなかったんですよねー。

素人向けじゃないよな、あのマニュアルは。

中学生が独学でできるもんじゃないよって思ってたのですが、でも、やっぱり印象としては「面白いなあ」って感じでした。

 

高校・大学でパソコン大嫌いに。。。

しかし、高校に入ってからはゲームやデジタルとは、ほとんど縁のない浮ついた生活。

高校になるとリアルコンピューターオタクが出てきて、またそいつが嫌なヤツで。苦笑

金持ちのボンボンで性格が悪いパソコンオタクってやつが数人いて、それが原因でパソコンとかが大嫌いになりまして。。。

大学に行ってもパソコンってお金持ちの学生しか持ってなくて。

そういう時代だったので、まったく何も触らず。

これからの時代は「英語、パソコン、中国語」って言われていた時代です。

でも、それがどうした!って感じで、パソコンには一切触らず。

ちなみに「インターネット」は「パソコン通信」と呼ばれていた時代です。

テレビとかで「パソコン通信」の話題が出ると、いつもオタクみたいな人がでてくるので、印象もあまり良くなかったのでした。

きっと世の中の多くの人も、そういう印象だったと思います。

 

漫画に疲れた時にふと思い出したプログラム

大学卒業後、漫画家を目指し、挫折し、バイトも含めていろんな仕事を転々としました。

とっても面白くない人生です。

かなり疲れ果ててた頃、ふと気がついたんです。

「漫画は描いてて楽しくない、本当に好きなことをやらないと、だめだな。。。」

そして、「今までの夢や希望って自己顕示欲の現れだよな-。」って。

過去を振り返って、目指してきた「夢」、それらは何が面白かっただろう?

本当に面白かったことは何だろう?

その「答え」は二つくらいしかなくて、小学校の頃マンガを書いてクラスの人気者になったこと。

そして、小、中学生の頃にファミリーベーシックとMSX2でプログラムを組んでみたこと。

でした。

でも、漫画は楽しくないってことがわかったから、残るはプログラムかと。。。

 

ワクワクするかどうか

でも、これで本当にいいのか?

またマンガのように失敗しないか?

でも、漫画家と違って、プログラマーなら誰でもなれるよね。

RPGツクールとかが好きで結構ハマったのも、プログラムに通じるものがあるし。

なんだか知らないけど仕事をする姿を想像したら妙にワクワクするのも不思議だ。

ワクワクってのは、心臓が一瞬ドキっとするというか。

今すぐやってみたい、みたいな、一瞬の衝動です。

さらに、プログラムもマンガと同じで「創作=ものづくり」だということ。

というわけで、IT業界に「ど素人」で飛び込んだのです。

 

IT業界に入ってからいろいろあったけど、結局これが天職だと思ってます。

今のところはね。

そうかと思えばインターネットでマンガを公開してたら「掲載させてください」って某雑誌の編集者から連絡があったり。

ネットで自分の漫画を公開する程度なら、「楽しみながら出来るなあ」と思ったのでした。